毛髪の存在意義

 髪の毛が大事なのは何も外見上のことだけではありません 皮膚科の先生たちから見ても日常生活をつつがなく送る上で頭は非常に重要な役割を果たしています 髪の毛を失うことで私たちは実に多くの不利益を被ります 髪の毛には では どのような存在意義があるのでしょうか
その前に まず髪の毛全体について、考えてみたいと思います。そもそも髪の毛は 人の毛の相性で表皮より発生する皮膚の一部です。そのため、毛髪に関する病気やトラブルはそのため皮膚科の先生が見ているわけです。人の体には、手のひらや足の裏唇などを除くほぼ全身に 合計およそ500万本もの毛が生えているそうです。 それらをさらに詳しく見ていくと 軟毛と剛毛の2大分別されます 軟毛と硬毛は名称通り柔らかい毛と硬い毛。
更に長毛と短毛に分類されます。しかし、このような文ではありますが、正確な境界線ははっきりありません。なので、男性ホルモンの影響で何毛だったけど、思春期に硬毛化したり、男性成人の頭皮が 、軟毛化したりすることもあります。
実ははげるという現象は硬毛だった髪質が、軟毛化することでもあるのです。
薄毛育毛に関する情報についてはこちらを参考にしてください