育毛物質インスリン様成長因子

IGF-1は、アミノ酸の約70個連で連なっている、ペプチドとういう物質で台南尾すべての組織で作られて、細胞の生存や若返り、文化増殖などを促す作用がありようです。IGF-1にはどのような作用があるのでしょうか?調べてみました。

1.筋肉や、骨の発達を促し、骨粗鬆症を防ぐ。

2.肌の老化防止と爪や毛髪の成長作用

毛母細胞に作用し、毛髪のサイクルのうちの成長期を延長させ、退行期や休止期を短縮させることができ、そのため、育毛効果を発揮するのです。また、髪質の向上もするので、毛髪に関しては、きわめて重要な役割を担っているのがわかります。

3.歯の成長と、近視の予防

4.心身機能の維持

5.神経系の発達と知能向上

6.糖代謝の改善と糖尿病予防

7。感染やがんなどに対する免疫を高める。

8.生殖機能の発達

9.肥満の防止

10.良好な睡眠の維持作用

11.抗うつ作用

このように、IGF-1を十分に作ることが、薄毛のみならず、全身の健康状況にも影響するようです。あんまり聞かない、ものでしたが、非常に重要なことがわかりました。しかも身近な食品で、このIGF-1を増やすことができるようです。そのお話はまた次回にさせていただきます。

そのた、薄毛・育毛・髪の毛に関する情報はこちらを参考にしてください。