大豆と唐辛子の食べ合わせ

育毛を考えた時に、簡単で、続けられそうな食材を探していました。そこで見つかったのが、この食品です。とても身近な食品で、毎日とることもできます。では、どのような量をとっていくことで、育毛の効果が得られるのでしょうか? まず、トウガラシに含まれる辛み成分であるカプサイシンと、大豆に含まれているイソフラボンを同時に食べると、毛根のIGF-1が刺激されるのです。そこで、育毛を促すというものです。

IGF-1は(インスリン様成長因子ー1)といって、育毛には重要な物質であります。髪の毛の成長を促したり、抜け毛を減らしてくれるのです。この、IGF-1を刺激して増やしてくれる食材が、トウガラシと大豆であることが分かったのです。

どのくらいの量をとる必要があるのかについては、一日に豆腐なら200グラム唐辛子なら2グラムほどでいいようです。これなら、身近ですし、毎日続けることができますよね。即効性はないわけですから、生活に取り入れ、コツコツしていくことが大事です。

そのた、育毛や薄毛、髪の毛に関することなら、こちらを参考にしてください