白髪染めのイロイロ

30代になると白髪が増えてきます。
白髪を染める方も増えてくると思いますが、白髪染めと一言でいっても実は染め方によって違いがあります。
今回は、その違いについて書いてゆきたいと思います。

まず、白髪染めというと市販の白髪染めを購入してきて自宅で染める場合があると思います。
お値段も手ごろな価格で、空いている時間に染めることができます。

市販されている塩基性のものは、髪のキューティクルを開かない染め方なので髪の毛に優しいといわれています。
しかし、逆に髪の中まで浸透しないので、色抜けもしやすくなります。

つぎにヘアマニュキアです。これは、白髪染めの薬剤に敏感な人向けなのですが、髪の毛の表面に色が着くだけなので、色抜けがしやすくなります。

つぎに美容室などで染める場合です。
これはキューティクルを開いて染めるものなので、髪の中心まで染まります。
よって、色抜けもしににくくなりますが、薬剤によっては髪や地肌にダメージを与える場合もあります。

白髪染めは、各自の肌の特長や髪の具合によって最適なものを選ばれるとイイのではないでしょうか。

http://xn--f9j3ab9e7ha8hqoz933ak9n.xyz/