育毛効果か?生え際に発毛が!

生え際が薄くなっていくというのは、男性型脱毛に多いタイプの薄毛ですが、この薄毛は育毛剤などを使ってもなかなか改善しないと言われています。

ですが、生え際の薄毛が改善し、生え際に発毛がみられるというケースもあります。いったいどうしてこの生えにくい生え際でも発毛できるのでしょうか?

まだ生え際の毛根組織自体が死滅していない状態であれば、十分に発毛する可能性はあります。発毛を阻害する成分を抑え、発毛に必要な栄養を毛包の部分に届けることが出来れば、十分に発毛の可能性はあります。なんとなく生え際が薄くなってきたかもという状態であれば、まだまだ可能性があるのであきらめる必要はありません。

では、発毛を阻害する成分というのは一体何かといえば、ジヒドロテストステロンというホルモンです。男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きでジヒドロテストステロンに変化し、このジヒドロテストステロンが発毛を阻害してしまいます。育毛剤を考えるときに、この5αリダクターゼという酵素の働きを阻害する成分がしっかりと含まれているもの選ぶことで、生え際の発毛をしていくことも夢ではありません。ぜひ頑張ってください。